あなたのやりたいことは何ですか?やりたいことの見つけ方おしえます。

「あなたのやりたいことは何ですか?」

自分が何をしたいかわからない。

何に向いているかわからない。

とりあえずいろんな資格を取ってみたけど、仕事にどう活かせばいいかわからない。

そんな気持ちを抱えていませんか?

確かに、私もこの「自分が何をしたいかわからない」ことにずっと悩まされてきました。

本当にそれがわからずに、大学へ進み、就職しても尚わかっていませんでした。

働きながら、少しずつ自分が何をやりたいかがわかってきました。

ですので、私の経験も踏まえながら、同じように悩む人のために

やりたいことを見つけて一歩踏み出せるような、そんな応援記事を書いてみたいと思います。

「今」を見つめてみよう

これを読んでいるあなたは、きっと「今」に満足していない人ですね。

「今」が満足していないから、

・もっと違うことをしたい。
・やりたいことを見つけたい。
・今はなぜか中途半端。
・何かが違う・・・。

と思っているのです。

以前の私もそうでした。

現状に不満を持ちながら、何も動けないでいる自分自身に余計にイラついていたのです。

あなたはどんな気持ちを抱えていますか?

今の不満から抜け出したいと思ってるけど

やりたいことがわからないので、どうしていいかわからない。

それで更に不安や不満が溜まっていく日々を過ごしている・・・。

こんな気持ちでしょうか?

これからやりたいことを考えていく上で、

スタート地点でのあなたの思いをしっかり見つめておくことで、

もし途中で迷子になった時に、これを思い出すことで再び歩き出せると思います。

今の気持ちを覚えておいてください。

やりたいことを考える

そして次にやることは、「不満」ではなく、「やりたいこと」について考えていきましょう。

あなたの今の気持ちを確認できたら、

いつまでも「過去」にこだわるのではなく、「未来」に目を向けましょう。

「未来」に目を向けて、自分のやりたいことを探し始めるのです!

自分の好きなことを考える

まずは、「好きこそものの上手なれ」です!

あなたの好きなことを、いくつでもいいから紙に書き出してみましょう。

あなたの得意なことでもよいです。

「何をしている自分が好きですか?」
「どんなことをしているとワクワクしますか?」

こんな質問から考えてみるとよいかもしれません。

たくさん書き出してみると、そこに共通するポイントが見えてきませんか?

例えば、
・人と一緒に何かをすることが好き
・人と話をするのが好き
・ゼロから何かを作り上げるのが好き
・新しいアイデアを思いつくのが好き
・計算がバチっと合うのが好き
・きれいに整理整頓されているのが嬉しい
・デザインするのが好き
・みんなが自分の指示で動くのが嬉しい
・人のためになることが嬉しい

こんな風に、自分の好きな部分がわかると、1つ大きなヒントになります。

合わせて、「好きじゃないこと」も書き出して、共通項を見つけておくとよいです。

どんなことが嫌いかがわかっておくと、より「好き」を見つけやすくなります。

行動してみる

自分の好きなことがわかったら、それを意識しながら行動に移してみるのです!

・好きなことをたくさんやってみる。
・より工夫してやってみる。
・好きなことができる部署へ異動あるいは転職する。
・好きなことができるための勉強(資格を取るなど)をする。

これをやっていると、本当に自分のやりたいことなのか、違うのか、

また自分がその仕事に向いているのかいないのかがわかってきます。

好きなことであれば、勉強も全く苦になりません。

勉強嫌いの私が言うのですから、間違いありません笑。

もし「これだ!」と思ったら、それを突き詰めていきましょう。

万が一「やっぱり違う」と思ったら、また1つ前の状態からやり直してみましょう。

色々な経験を繰り返すうちに、少しずつ成長し、考え方や感じ方も変わってくるはずです。

自分のことを知る

自分のやりたいことをみつけるのに、自分自身の理解ももちろん重要です。

自分の価値観を知っておきましょう。

どんなことを「よし」として、どんなことを「ダメ」だと思うのか。

自分がどんな時に感動するのか。

どんな人を理想だと思うのか。

どんな時に達成感を味わうのか。

こういうことを考えておくと、自分の「軸」というものがわかってきます。

自分の「軸」がはっきりしておくことで、

これからの仕事や職場、つきあう人、会社を選ぶ時にとても役立ちます。

それだけでなく、人生のいろんな迷いが生じた時にも

この「軸」を持っておくことで、判断がしやすくなります。

自分の「軸」をここで確認しておくとよいでしょう。

いろんな人と会う

私の成長する過程で、いろんな分野の人と出会い、話をし、

いろんな意見や考え方があることに気づくことがとても重要だと感じました。

また人脈を広げることにもつながり、様々な分野に知り合いがいると将来にきっと役に立ちます。

ですので、まだ自分のやりたいことがはっきりしない時には、

どんどん色んな世界に足を踏み出して、多くの人と出会うことをよりオススメします。

まさに「異業種交流」

これが大事です!!

今は、コロナ禍で広がったオンラインでの出会いの場が本当にたくさんあるので、

こういう場を使えば、少し引っ込み思案の方もそんなに臆せずに参加できるのではないでしょうか?

立ち止まって自分をみつめる

少し行動してみたら、立ち止まって再び自分を見つめてみましょう。

「今までやってきたことは、自分にとってどんな意味がありますか?」
「具体的に、あなたはどんなことにワクワクするのですか?」
「あなたがやりたいと思うことの先には、どんな世界が広がっているのでしょう?」

こんな質問にちゃんと答えられたなら、あなたのやりたいことはもう見つかっています。

やりたいことが見つかったのなら、あなたはもう迷うことはありません。

やりたいことに邁進していけばいいのです!

 

おわりに

ここまで書いてきて、卑怯だと思われるかもしれませんが、

やりたいことって、実はそんな簡単には見つからないんです。

私だって、会社員15年くらいかかりました。

人生の中では、30年以上も!

大丈夫。

私たちは人生90年でしたが、今の若い人たちは「人生100年」と言われています。

だから今すぐ見つからなくても、

諦めずに常に自分自身に問いかけて、やりたいことを見つけてください。

「今、楽しいですか?」
「どんな時にワクワクしますか?」

と。

あなたにもきっと見つかるはずです!

シェアする