「〜べき、〜ねばならない」あなたを苦しめる「呪いの言葉」の解き方教えます。

知らない間に、あなたを縛って苦しめている「呪いの言葉」。

「呪いの言葉」のせいで、思考や行動が限定されてしまい、うまく行動できなかったり、落ち込んだりしていませんか?

私も以前はたくさんの「呪いの言葉」に憑りつかれ、意識や行動を阻まれて苦しんでいました。

でも今は、その対処法を知り、「呪いの言葉」が自分の心の中に浮かんできても、

「あー、今、呪いの言葉が私の意識を邪魔しようとしているなぁ」

と一歩ひいて考えることができ、「呪いの言葉」をさっと取り去って、自分らしく行動することができています。

今日から「呪いの言葉」の解き方を知り、生き生きとあなたらしく、幸せな日々を送りましょう。

「呪いの言葉」とは

私がよく苦しめられてきた「呪いの言葉」は、こんな言葉たちです。

「~しなければならない」
「私さえ我慢すれば…」
「私がちゃんとしなければ…」
「自分はどうせできないからいいや…。」
「また失敗するのでは…」
「いつも運が悪いからまた…」

こんな感じです。

あなたを苦しめている「呪いの言葉」と似ていますか?

何をするにも、この「呪いの言葉」が浮かんできて、
私の行動を邪魔してきました。

もしこの言葉を捨て去ることができれば、
きっとあなたの行動も変わってきて、
どんどん『好きな自分』になることができます。

まずは自分の「呪いの言葉」を知ろう

まず最初は、自分の「呪いの言葉」を知ることです。

あなたが日々とらわれている「呪いの言葉」を見つけ出しましょう。

「呪いの言葉」はたくさんありますが、主なものは次のような言葉です。

あなたの中にいつも浮かんでくる「呪いの言葉」を見つけてみてください。

①不信感・恐怖感系

・他人はわからない。ひどい目にあわされるから怖い。
・誰も信じられない。
・みんないつかは私を見捨てて、自分の元から去ってしまう。

②愛情が満たされない・不安系
・自分は誰にも愛されない存在だ。
・誰も私のことを理解してくれない。
・自分はダメな人間だ。生まれてこなければよかった。
③能力やパフォーマンスの不安系

・自分は何もできないつまらない人間だ。
・自分のやることなすこと、全て失敗する。
・どうせ失敗するんだから、チャレンジしない。

④欲求や意思を抑制・我慢する系

・自分さえ我慢すれば、うまくいく。
・人に尽くすことが私の価値である。
・辛そうな人がいるとほっとけず、私が面倒をみる。

⑤完璧主義・緊張系

・いつもちゃんとしていないといけない。
・いつも完璧であるべきだ。完璧でない自分は許せない。
・気を抜かず、楽しんではいけない。
・いつも理性的で、感情を出してはいけない。

こんな風に、色々な「呪いの言葉」を少なからず、みんな持っています。

あなたの心の中によく現れる言葉があれば、

それがあなたの「呪いの言葉」です。

よく覚えておいて、次のステップで「解き方」をマスターすれば

あなたが「呪いの言葉」に苦しむことは劇的に減ってくるでしょう。

「呪いの言葉」の解き方

では、どんな風にして「呪いの言葉」を解いていくか、説明していきますね。

「呪いの言葉」に気づく

まずは、あなたを苦しめている「呪いの言葉」に気づかなければなりません。

先ほどの「呪いの言葉」の中から、特に自分の中でよくわいてくる言葉を

自分の「呪いの言葉」として、いつも意識するようにしておきましょう。

そして、自分の中に「呪いの言葉」がふと浮かんできた時に、

慌てず、他人を見るように自分を一歩はなれて感じてください。

『あー、キタキタ~。私の呪いの言葉!』

と気づくようになったら、しめしめです。

そして『今、私の中に呪いの言葉が出てきているな。惑わされないぞ!』とか

『これは呪いなんだ。私は呪いの言葉なんかには負けない!』

などと自分に言い聞かせるようにしましょう。

そうすれば、きっと「呪いの言葉」に惑わされなくなります

最初は、この「一歩はなれて自分のことを感じる」ことが難しいかもしれません。

そんな時は、基本的な瞑想のマインドフルネス(詳しくはコチラ)を実践していくことで

自分の好きな時に、自分の心を冷静に見ることができるようになります。

マインドフルネスで「呪いの言葉」を捨て去る

自分の「呪いの言葉」に気づいたら、次は「呪いの言葉」を捨て去ることが必要です。

「呪いの言葉」を捨て去るのによい方法は、マインドフルネスを上手に使うことです。

嫌なことを消し去るのに適したマインドフルネスを2つ紹介しますね。

せせらぎの瞑想

これは有名なマインドフルネスの1つで、

嫌なことを葉っぱに乗せて流すイメージをする瞑想です。

目の前にゆったりとした流れの川があります。

あなたはその川の流れをゆったりと眺めています。

その流れに沿って、葉っぱが1枚、また1枚、さらにもう1枚…と流れてきます。

その葉っぱにあなたの「呪いの言葉」を乗せて、そのまま流れ去るのを見届けるのです。

いくつもある場合は、次々と流れてくる葉っぱに乗せて、全て流し去ります。

たんぽぽやシャボン玉をふーっと吹く瞑想

嫌な言葉を、たんぽぽの綿毛と一緒にそっと吹いてみましょう。

綿毛は次々に宙に舞っていき、消えていきます。

たんぽぽの代わりに、シャボン玉を見立ててもできる瞑想です。

シャボン玉も空に浮かんでは、パッと消えていきます。

あなたの嫌な言葉も、たんぽぽの綿毛やシャボン玉と一緒に、遠くに消えてなくなっていきます。


どちらのマインドフルネスも、嫌なことをどこかに消し去るためのワークです。

呪いの言葉だけでなく、日々起こった嫌な出来事などを冷静に見つめ、

消し去りたいときにも使えますので、ぜひ実践してみてくださいね。

「呪いの言葉」を紙に書いて捨てる

「呪いの言葉」を紙に書いて、まさに捨て去る方法も非常によいやり方です。

メモ用紙や簡単な紙を1枚用意します。

それに「呪いの言葉」を書いて、くしゃくしゃに丸めてゴミ箱にポイっと捨ててしまいます。

もっと完全に消してしまいたいならば、紙ごと燃やしてしまったり(火事に注意!)、

ビリビリに破いて捨ててしまってもよいです。

そうやって、現実に見える形で「呪いの言葉」とサヨナラしましょう

おわりに

あなたを苦しめる「呪いの言葉」は見つかりましたか?

見つかったなら、早速「呪いの言葉」を手放して、自由になりましょう。

それができたら、次は、あなたが『幸せになる言葉』をたくさん探してみましょう

  • 好きなように生きていいんだ。
  • 私は幸せになる権利がある。
  • もっとのびのびと生きていこう。
  • 私はひとりじゃない。愛されるべき人間なんだ。

これは「希望の言葉」や「ともしびの言葉」「湧き水の言葉」など様々な呼ばれ方をしています。

きれいなお気に入りの紙に、自分の好きな言葉を書いて、

よく目につくところに貼ったり、日々持ち歩いて眺めるようにしましょう。

そして、自分が再び「呪いの言葉」に出会った時に

思い出して、自分に言い聞かせましょう。

これらのことを何度も繰り返すことで

あなたの「呪いの言葉」もだんだんと

「幸せになる言葉」に置き換わっていく
ことでしょう。

あなたらしく、幸せな日々を送ってくださいね!

シェアする