心の扉に鍵をかけていませんか?

「自分の弱みを人に見せたくない」と思っていませんか?

そればかりか、自分の心の扉を無理やり閉めて、鍵をかけていませんか?

あなたは気づいていないかもしれないけれど、

気持ちにフタをすることが、あなたをより苦しめているかもしれません。

私自身の経験より

実は、私自身もこれまで心にフタをして過ごしてきました。

自分のやりたいことを見ないようにして、他人のために頑張ってきたのです。

他人のために頑張ることは決して嫌いではありません。

むしろ人のために尽くすことは、私自身とても好きで、やりたいことではあるのです。

でも、自分の本当にやりたいことはできずに、心の奥に封印して、

人のために頑張っていると、だんだん自分がおかしくなりました。

1人になると眠れずに色々と考えてしまったり、突然泣き出したり。

そんな自分を変えたくて、コーチングや心理学を学び始め、自分の気持ちをそっと覗いてみました。

自分の気持ちにしっかりと向き合ってみたのです。

自分の気持ちに向き合うこと

それはとても勇気のいることでした。

思い切って向き合ってみると、いろんなことが見えてきました。

・自分の本当にやりたいこと

・やりたくないこと

そしてさらに深く考えることで

やりたいことのために

・新しく始めること

・やめること

も見えてきました。

けれども見えてきたからと言っても、その通り実行に移すにはさらに勇気が入りました。

考えに考えて、考えて・・・。

たくさん泣いて、笑って、泣いて・・・。

そして、私は決心しました。

誰かを傷つけたり、困らせることになるかもしれないけれど、

自分の気持ちに正直に生きることを。

心の扉を開けると見えてくること

自分の気持ちに向き合うまでは、

いつも心にもやもやを抱えていました。

思い切って心の扉を開けて、向き合ってみて、

自分の気持ちに素直になったら

思い描いていた恐怖やつらさは全くなく、

とても美しい素敵な世界がひろがっていました。

私が恐れていた周りからの非難や文句は、

私への励ましの言葉や応援の言葉だったのです。

おわりに

扉は開けてみなければ、どうなるかわかりません。

そして、扉を開けた人にしか、それはわからないのです。

もしかしたら、扉を開けることでまた辛い思いをするかもしれない。

でもそこには、開ける前とは全く違う思いや世界がひろがっているはずです。

そして、扉を開ける前のあなたとは全く違うあなたになっているはずなのです。

勇気を出して、踏み出してみませんか?

あなたが扉を開けるためのお手伝いをします。

一度経験したことのある私は、きっとあなたの気持ちに寄り添えるはずですから。

シェアする