一歩踏み出すことで見えてくるもの

去年から一歩と言わず、二歩三歩どんどん足を踏み出しました。
そのおかげで、この一年で随分と見る景色が変わりました。

よく見えるようになったところ。
あまり見えなくなったところ。
胸張ってできること、できないこと。
大小色々あります。

でも、一歩踏み出すまでは自分の中で葛藤がたくさんありましたが
今はこうやって踏み出せた自分を誇りに思うし、後悔は少しもありません。
収入の面だけ言われると、今はまだ会社員時代の収入には全然届いていませんが、
何より
・自分の仕事を誇りに思えること
・出会う人の世界が広がったこと
・自分自身の視野が広がったこと
が特に大きな変化だと言えます。

そして個人で事業を行うことは
「会社」という守ってくれる屋根がない中で、
自分自身や意志を強く持つということがとても大切だとわかりました。

日々の仕事をやっていく上で
いいことやそうでないこと、小さな変化がたくさんあります。
その一つひとつに一喜一憂していては全く仕事にならないのです。
長期的な視野を持ち、焦らず自分を信じて前に進むしかありません。

人生100年。
まだまだ先は長い。
自分さえ諦めずに行動していけば、きっと夢は叶うと思います。

新しい一歩を踏み出したことで始まる素敵な世界。
新しい世界を経験すると、また別の新しい世界が開けるのです。
私の場合は、趣味の世界「茶道」を始めたことでの変化がとても面白い。
お茶だけにとどまらず、茶器やお菓子、掛け軸やお花。
着物の世界も奥深い。
新しい世界はどんどん広がっていきます。

皆様も新しい一歩を、恐れずに踏み出してほしいと思います。
きっと素敵な世界が広がっています。

シェアする